ながいフットパスウォーク~かわとまちを散策しよう~ 活動報告

2013年11月4日(月)に開催した長井市かわまちづくり推進協議会事業“第二回ながいフットパスウォーク~かわとまちを散策しよう~”をご紹介します。昨年記念すべき第一回を開催したフットパスウォークを継続することにより長井の地域資源であるフットパスの更なる周知を促し、利用拡大を図るため、この度、第二回目を開催しました。


あやめ公園

つつじ公園

舟場地区公民館


トロッコ道

白川フットパス

豊田公民館


木道

總宮神社

丸大扇屋


コースは3コース。Aコース最上川河川緑地公園を出発し、最上川、野川沿いの自然豊かなコースを歩いた後、あやめ公園から宮地区へ入り、本町通り、あら町周辺のまちなかを巡り、再びタスの裏から最上川沿いを歩く約7㎞のかわまちコース。Bコース今泉駅を出発し、和久井窯で窯を見学した後、八ヶ森、トロッコ道等自然豊かな景観を楽しみながら歩く約8㎞のとよだコース。Cコースかわまちコース同様、最上川、野川沿いを歩いた後、舟運の歴史の面影が残る宮地区を巡る約5㎞のみやコースに分かれ、総勢約100名の皆さんがゴールの昼食会場を目指して歩きました。今年の昼食会場は2か所。とよだコースは豊田地区公民館。かわまち、みやコースは舟場地区公民館での昼食となりました。ゴールされた皆さんを温かい芋煮とおにぎりでお迎えし大変好評をいただきました。

<A、Cコース>ガイド:黒獅子の里案内人

ACマップ

<Bコース>ガイド:とよだふる里ガイド

Bマップ


当日はあいにくの雨模様でのスタートとなりましたが、歩を進めるうちに晴れ間ものぞき、ガイドさんの心地よい語り口に耳を傾けながら笑顔で歩く皆さんが印象的でした。ご参加の皆様からは、「地元地区民の思いで整備され、守り続けられ、熱い思いが感じられた。また是非参加したい」など、多くの感動の声が届いております。来年は市政60周年記念事業として盛大に開催する予定ですので、ぜひ奮ってご参加ください。


参加者の声

アンケート