豪雨災害による償却資産の減免について

8月3日(水曜日)に発生した大雨により、固定資産税の償却資産として申告をしている設備に被害があった方につきましては、被害の程度によっては固定資産税が減免になる可能性があります。

減免対象となる要件と割合

災害により著しく損傷を受け償却資産としての利用価値を減じた場合で、次に該当するとき。

減免対象の要件と割合
要 件 割 合
全焼、全壊、流失、埋没等により償却資産の原形をとどめないとき、又は修理不能のとき 全部
主要構造部分が著しく損傷し、大修理を必要とする場合で、当該償却資産の価格の10分の6以上の価格を減じたとき 10分の8
主要構造部分以外の部分が著しく損傷し、修理又は取り替えを必要とする場合で、当該償却資産の価格の10分の4以上10分の6未満の価値を減じたとき 10分の6
主要構造物以外の部分が損傷し、修理又は取り替えを必要とする場合で、当該償却資産の価格の10分の2以上10分の4未満の価値を減じたとき 10分の4

減免となるのは、令和4年度課税の3期と4期分です。 

申請について

減免を受けるには、申請が必要です。

申請についてのご相談は、下記までお願いいたします。

 

長井市役所 税務課 固定資産税係

〒993-8601 山形県長井市栄町1番1号

電話番号:0238-82-8006 ファックス:0238-87-3365

この記事に関するお問い合わせ先

税務課 固定資産税係

〒993-8601
山形県長井市栄町1番1号
電話番号:0238-82-8006 ファックス:0238-87-3365


メールでのお問い合わせはこちら